医療技術に分類される脱毛の特徴

医療技術に分類される脱毛の特徴

医療技術

レーザー脱毛の特徴とは

レーザー脱毛では、高い出力のレーザーを毛母細胞のメラニン色素に吸収させて発熱させ、ダメージを与えることで毛を再生しにくくします。これを繰り返すことで長期的に毛が生えない状態にします。

 

出力が高いため、エステで行われる光脱毛よりも脱毛効果が高くなり、脱毛が終わるまでに必要な回数が少なくなります。

 

レーザー脱毛は医療機関で受けられるものであり、医療行為になりますが保険が適用されません。

 

そのため、施術費用は全額自己負担となり、高額になります。しかし、光脱毛よりも回数が少なくて良いため、全体で考えた場合では施術費用が安くなることが多いです。

 

医療技術に分類される脱毛の特徴

 

医療技術に分類されている脱毛方式としてはレーザー脱毛が代表的で、毛が持つメラニン色素に吸収されやすい性質を持った特殊なレーザーを照射する事で、毛根部分の発毛組織を変質させるメカニズムとなっています。

 

毛に吸収されたレーザーは熱を蓄積する為、痛みは比較的小さいものの周囲の皮膚がやけどに近い状態となる副作用が存在し、肌が弱い人は不向きと診断される場合があります。

 

しかし、脱毛に関する効果は高めである理由から少ない回数でムダ毛を処理できる特徴を持っており、肌質に合わせてレーザー脱毛と他の脱毛技術を使い分ける選択が有効です。

 

医療レーザー脱毛の種類

 

医療レーザー脱毛で使用されるレーザーはその波長によって大きく4つに分けられ、次のような特徴があります。

 

波長が短いルビーレーザーはメラニン色素の吸収率が高いため日本人向けではなく、脱毛の用途ではあまり使用されません。

 

アレキサンドライトレーザーは日本人の皮膚に適した波長を使用しているため、火傷の危険性が少なくなっています。

 

ダイオードレーザーではより安全性が高くなり、日焼けなどのある場所にも施術ができます。

 

ヤグレーザーは最もメラニン色素への吸収率が低く、火傷の危険性も低いですが、脱毛効果も弱いとされ、他のレーザーを使用できない部位に対して使用することが多いです。

 

人気の脱毛方法の特徴について

 

サロンで脱毛を行う方はとても多くなっており、レーザー脱毛を選択する方も増えており効果的に脱毛を行っていくことのできるサロンにてこのようなプランを選択する方も多くなっています。

 

レーザー脱毛は気になる箇所にしっかりと対応していくことができるので人気となっており、アフターケアも的確に行えることが特徴となっているので、肌のトラブルを心配することなく行っていくことができるので不安を感じることなく安心して脱毛を行っていくことができます。

 

サロンでの脱毛は適切に行っていくことができるので、とても人気の脱毛方法となっています。

 

医療レーザー脱毛の特徴とは

 

医療レーザー脱毛はメラニン色素にレーザーを吸収させて発熱させ、この熱で毛母細胞を破壊して毛の再生能力を低下させるものです。

 

メラニン色素は皮膚にも含まれており、毛母細胞だけでなく皮膚に対しても影響がありますが、冷却しながら施術するため、痛みや火傷の危険性は抑えられています。

 

しかし、日焼けなどの部位では色素が濃く、レーザーの吸収率が他の部位よりも高くなるため、レーザーの種類によっては施術を行えないこともあります。
医療レーザー脱毛で使用されるレーザーは赤外線に分類されるものであるため、皮膚に照射しても皮膚がんになることはありません。
レーザー脱毛は男性にも人気でひげの脱毛をされる方が多いようです。

 

脱毛の種類とその特徴

 

脱毛には、種類があって、値段も様々ですが、簡単にお手頃価格で施術をしたいのであれば、おすすめはレーザー脱毛です。

 

その特徴は、痛みが少なく、一年から二年という短期間で施術が出来ることにあります。毛は、ホルモンのバランスなどで、一度脱毛しても、妊娠や出産を終えて生えてくることもあります。

 

せっかく高いお金を払うのに、もし生えてきたらと思うと脱毛事態がためらわれますが、レーザー脱毛であれば、箇所にもよりますが、一部分1万円以下でレーザー脱毛が出来るサロンも珍しくありません。

 

また、希望の箇所のみ通えるのも特徴です。


更新履歴